白髪染めの使用方法と手順

白髪染めトリートメントの口コミランキング

白髪染めは正しい使用方法と手順を守ることで、色ムラなくキレイに染めることができます。

白髪染めトリートメントTOP > 使用方法と手順

白髪染めは正しい手順で

白髪染めにはいろいろな種類がありますが、基本的な使用方法や手順はほぼ同じです。

ただ、染料を塗ってからの放置時間については、商品ごとに異なりますので、まずは取扱説明書をよく読み、ある程度の手順は把握しておきましょう

ここでは、最も一般的な液状タイプの白髪染めの使用方法と手順をご紹介します。

白髪染めの手順と方法

1.下準備

まず、新聞紙を敷き詰めたり、ケープや手袋を着用するなど、身の回りの準備をします。

着用する服については、シャンプー時に脱ぎやすいよう、前開きの服にしましょう。

その他、タオルやティッシュ、鏡や時計など、必要なものをあらかじめ手の届くところに配置しておきます。

その後、ヘアクリップで髪をトップ、サイド×2、えり足の4つにブロッキングします。こうすることで塗りムラがなくなり、全体的にきれいに染まります。

2.染料を作る

身支度を終えたら、1剤と2剤を取扱い説明書通りに混ぜ合わせ、染料を作ります。

このとき、染料をよく混ぜないと、後の色ムラの原因となりますので注意しましょう。

3.染料を塗る

白髪染めは熱によって染まりやすいので、体温で温められやすい根元は最後に残し、毛先から塗り始めます。

染料はたっぷりめに付け、髪の外側にも内側にもまんべんなく塗っていきましょう。

そして最後に根元に塗りおえたら、コームや粗めのクシで染料を均一に伸ばしていきます。

4.一定時間放置する

取扱い説明書に記載されている分だけ、そのまま放置します。

このとき、ラップを巻くか、またはシャワーキャップをかぶると、熱が頭部全体に行き渡り、きれいに染め上げることができます。

さらにドライヤーを1分ほどかけると染まりが早くなりますが、あまりかけ過ぎたり、放置時間を長く取りすぎたりすると、明るく染まりすぎるので注意が必要です。

5.シャンプーで洗い流す

いきなりシャンプー液をつけても泡立ちにくいので、まずはぬるま湯で染料をある程度流してしまいます。

すすぎ湯に染料の色が出なくなったら、手のひらにシャンプー液を取り、十分泡立ててからシャンプーします。

白髪染め後の髪は非常に傷みやすいので、刺激を与えず、やさしく洗うようにしましょう。

また、普通のシャンプーを使うと色落ちしやすくなるので、開いたキューティクルを引き締める効果を持つカラーリング用のシャンプーを使うことをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染めトリートメントの口コミランキング All Rights Reserved.