白髪染めの種類

白髪染めトリートメントの口コミランキング

白髪染めは、染め方によって全部で3つの種類があります。

白髪染めトリートメントTOP > 種類

白髪染めは全部で3種類

白髪染めは、髪への働きかけによって大きく3種類に分類されます。

どのタイプも白髪をカバーするものに変わりはありませんが、染め方の違いから、効果の持続性や髪へのダメージが異なります

それぞれのアイテムは使い分けできるので、用途に応じてうまく活用してみましょう。

白髪染めの種類

ヘアカラー

酸化染料とアルカリ剤、過酸化水素水を混ぜ合わせて作る酸化重合型の白髪染めです。

アルカリ剤でキューティクルを開き、髪のメラニン色素を分解・脱色してから白髪を染めていきます。

髪の内部にまで染料が浸透するので、1回の染毛でしっかり発色する上、色持ちが良く、2~3ヶ月ほど効果が持続します。

b、酸化染料として配合されているパラフェニレンジアミンは非常に刺激性が強く、特に肌の弱い方やアレルギーの方が使用すると強いアレルギー反応を起こす可能性があります。

また、メラニン色素の脱色の際、髪の水分も一緒に抜けてしまうので、仕上がりがパサパサしがちです。

ヘアマニキュア

酸性染料で髪の表面を染め上げる白髪染めです。

ヘアカラーとは異なり、髪の色素の分解・脱色は行わないので、髪や地肌への負担が少ないところがメリットです。

髪のキューティクルを保護するようにコーティングするので、ツヤのある仕上がりとなりますが、そのぶん染料がはがれやすく、2~3週間程度しか持ちません。

また、色の入り方もヘアカラーより弱く、ほんのり色づく程度にしか染まりません。

一時染め

スプレーやスティックで白髪に染料を塗るアイテムです。

ヘアカラーやヘアマニキュアに比べて非常に手軽なところがポイントで、急な外出の直前でも数分間で白髪をカバーすることができます。

ただ、一時染めという名の通り、ただ髪の表面に色をつけるだけなので、シャンプーすればすべて色が落ちてしまいます。

そのため、リタッチや応急処置に適した白髪染めと言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染めトリートメントの口コミランキング All Rights Reserved.