シャンプーで仕上げ

白髪染めトリートメントの口コミランキング

白髪染め後のシャンプーを怠ると、髪の痛みや色落ちの原因となります。

白髪染めトリートメントTOP > シャンプー

白髪染め後はシャンプーでしっかり仕上げよう

白髪染め後のシャンプーには、大きく分けて2つの目的があります。

1つ目は、頭髪についた染料をしっかり洗い流して頭皮や髪の負担を減らすこと。もう1つは、開いたキューティクルを元に戻して、色持ちを良くすることです。

白髪染めは、まず最初にアルカリ剤でキューティクルを開き、髪の色素を分解・脱色してから髪を染めます。

そのため、キューティクルを開きっぱなしにしていると、中に入った染料が再び流れ出し、色落ちの原因となってしまうのです

シャンプーの手順

白髪染め後は、開いたキューティクルを閉じる効果を持つカラーリング専用シャンプーを使用します。

白髪染めを塗って放置したら、まずたっぷりのぬるま湯で染料をよく洗い流します。

すすぎ湯が透明になったら、シャンプーを手に取って泡立て、頭髪をやさしく洗っていきます。

白髪染め後の髪はキューティクルが毛羽立って傷つきやすいので、髪同士の摩擦に気をつけましょう。

ちなみに、白髪染め後のシャンプーは二度洗いが基本です。念入りに、ていねいにシャンプーして、髪や頭皮の染料をきれいに洗い流しましょう

シャンプー後は弱酸性コンディショナーを使用する

シャンプー後は、アルカリ性に偏った髪を弱酸性に戻すため、弱酸性のコンディショナーを使用します。

コンディショナーは髪を保護することが目的なので、頭皮には極力つけず、傷みやすい毛先に重点的につけるようにしましょう。

コンディショナーを塗った後は長く放置したりせず、たっぷりのぬるま湯で念入りにすすぎましょう。

特に髪の傷みが気になる場合は、コンディショナーの前にトリートメントを使用し、ダメージヘアの補修に努めることをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染めトリートメントの口コミランキング All Rights Reserved.