白髪染めの選び方

白髪染めトリートメントの口コミランキング

白髪染めを選ぶときは、まず肌質・髪質など基本的なポイントを押さえることが大切です。

白髪染めトリートメントTOP > 選び方

白髪染めは慎重に選ぼう

白髪染めを選ぶポイントには、手軽さ・価格・色などさまざまなものがあります。

最近の白髪染めはいろいろな種類のものが販売されているので、使いやすさや好みの色など、より自分に合った白髪染めが選べるようになっています。

しかし、手軽さや価格、色だけで白髪染めを選んでしまうと、実際に使用したとき、大きなトラブルの原因となります。

まずは基本的なポイントを押さえ、候補を絞ってから自分にぴったり合った白髪染めを選ぶと良いでしょう。

白髪染めの基本的な選び方

白髪染め選びの基本的なポイントは、肌質と髪質で選ぶ方法です。

肌質で選ぶ方法

最も基本的かつ重要な選び方です。

特にアレルギー体質や敏感肌の方が予備知識なしに白髪染めを使用すると、肌荒れや炎症のほか、ひどい場合はアナフィラキシーショックなどを引き起こすおそれがあります。

まず、自分がアレルギー体質や敏感肌と自覚している場合は、パラフェニレンジアミンなどの化学染料が配合されている白髪染めは避け、植物色素配合の天然白髪染めを選びましょう。

天然白髪染めには、クチナシやアナトー、シコン、ウコン、ベニバナなどの植物色素が使用されており、アレルギーを起こしにくく、髪にもやさしいところがポイントです。

天然白髪染めには『レフィーネ』や『利尻ヘアカラートリートメント』などが有名です。

髪質で選ぶ

人間の髪は、大きく分けて軟毛・硬毛の2種にわかれます。

軟毛は細くて柔らかいので染料の影響を受けやすく、ほぼ希望通りの色に染まります。

一方の硬毛は、太くて固いので、染料の影響を受けにくく、パッケージの色よりもワントーン暗めに仕上がります。

そのため、自分の髪が硬毛寄りという方は、希望の色よりもワントーン明るめの色を選んだ方がよいでしょう。

白髪染めのいろいろな選び方

上記では基本的な選び方をご紹介しましたが、そのほかにも、使いやすさや色合いで選ぶ方法があります。

たとえば、白髪染めの形状には、液状タイプクリームタイプ泡タイプの3種類があります。

液状タイプは伸びが良いのでロングヘア向き。クリームタイプは液だれしないので生え際などの部分染めにぴったりです。

最近人気の泡タイプは、液だれしにくい上、髪全体に浸透しやすいので、初心者でも色ムラなく染めることができます。

また、最近の白髪染めはファッション性が強く、黒や茶などの定番色のほかに、ゴールドやパープル、ピンク、オレンジなど、個性的な色も取り揃えてあります。色はメーカー毎に異なるので、自分の好みの色を楽しむのもひとつの方法でしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染めトリートメントの口コミランキング All Rights Reserved.