パッチテストの重要性

白髪染めトリートメントの口コミランキング

白髪染めを使用する前には、酸化染毛剤によるトラブルを防ぐため、事前にパッチテストを行います。

白髪染めトリートメントTOP > パッチテスト

使用前にはパッチテストを忘れずに

白髪染めを使用する上で、忘れてはならないのがパッチテストです。

パッチテストとは、白髪染めの前に行う皮膚テストのことで、主に白髪染めに含まれる『パラフェニレンジアミン』に対するアレルギーの可否をテストするものです。

パラフェニレンジアミンは強い刺激性があるほか、アレルギー体質の方が使用すると、頭皮のかぶれや湿疹、激しい咳や目の痛み、呼吸困難などの強いアレルギー症状を起こすことがあります

アレルギー症状はその日の体調によっても左右されるので、白髪染めを使用する場合は、毎回必ずパッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストの使用手順

1.テスト剤を作る

パッチテストは白髪染めを使用する48時間前に行います。

まず、取扱説明書に記載されている通りの分量で1剤と2剤を取り、小皿で混ぜ合わせてテスト剤を作ります。

混ぜる時は綿棒などを使うと良いでしょう。

2.テスト剤を皮膚に塗る

綿棒にテスト剤を少量取ったら、腕の内側にコイン大くらいの範囲でテスト剤を薄く塗ります。

塗りおえたら、しばらくそのまま放置して乾かします。普通は数分で乾きますが、30分以上経っても乾かなかったら、余分なテスト剤をティッシュなどでやさしく拭き取りましょう。

3.48時間放置する

あとはそのまま、48時間放置するだけです。

この間、定期的にテスト部位を観察し、異常が現れていないかどうかチェックしましょう。

もし48時間以内に赤みや腫れ、かゆみ、痛みなどの異常があらわれた場合は、直ちにテスト部位を水で洗い流し、できれば皮膚科などで症状をチェックしてもらうことをおすすめします。

もちろん、その白髪染めはトラブルを起こす可能性が高いので、使用は控えるようにしましょう。

パッチテストで異常が出てしまった方は

パッチテストで異常があらわれてしまった場合は、パラフェニレンジアミンなどが配合されている酸化重合型の白髪染めの使用は避けた方が無難です。

アレルギー体質や敏感肌の方は特にトラブルが起きやすいので、最初からクチナシやベニバナ、アナトーなどの植物染料を使用した天然白髪染めを使用した方が良いでしょう。

天然白髪染めには、『レフィーネ』や『ピュアハーバルヘアカラー100』などがあります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染めトリートメントの口コミランキング All Rights Reserved.