白髪染めのカラーの色選び

白髪染めトリートメントの口コミランキング

白髪染めのカラーを選ぶときは、髪質と白髪の量を事前に把握しておく必要があります。

白髪染めトリートメントTOP > カラーの色選び

白髪染めのカラーを選ぶには

最近では白髪染めもファッション性が強くなり、黒や茶色などの定番色だけでなく、カラフルなが発売されるようになりました。

おしゃれを楽しみたい方にとっては、選択肢が増えるのは実に喜ばしいことですが、色の選び方を誤ると、自分の理想とは異なる色に染め上がってしまうおそれがあります。

白髪染めはパッケージの色に左右されがちですが、実際の染まり具合は髪質もとの髪の色に大きく左右されますので、まずは自分の髪の状態を確認してからカラーを選ぶようにしましょう。

髪質による色選び

白髪染めのパッケージに掲載されている色は、一般的に染まりやすい髪を基準としています。

そのため、なかなか染まりにくい硬毛(太くて硬い髪)の方が使用すると、パッケージの色よりも若干暗めに仕上がってしまいます。

よって、硬毛の方が使用する場合は、仕上がり後に暗くなることを想定し、希望の色よりもワントーン明るめの色を選びましょう

それでも希望より暗めの色に染まってしまった場合は、次回から放置時間を5分程度延長すると、よりしっかり色をつけることができます。

ただし、いくら硬毛の方でも、規定時間を大幅に超えて放置すると、明るく染まりすぎるおそれがあるので、節度を守ることが大切です。

白髪の量で色選び

一言に白髪と言っても、黒髪にちらほらのぞくくらいのまばら白髪と、白髪がある程度かたまって存在している密集白髪の2タイプがあります。

まばら白髪の場合、黒髪の比率が高いので、白髪染めを使っても全体的な仕上がりはやや暗めになります。

一方の密集白髪の場合、白髪の比率が高いので、全体的にやや明るめの仕上がりとなります。

このように、白髪と黒髪の比率によっても仕上がりが異なるため、まずは鏡でどちらの比率が高いか確認してからそれぞれのタイプに見合ったカラーを選ぶようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染めトリートメントの口コミランキング All Rights Reserved.