部分染めと全体染めを使い分ける

白髪染めトリートメントの口コミランキング

白髪染めを使用する際は、全体染めだけでなく、部分染めを取り入れるところがポイントです。

白髪染めトリートメントTOP > 部分染め

きれいなヘアスタイルを保つには

白髪染めは、一番長持ちするヘアカラーを利用すると、大体2~3ヶ月ほど効果が持続します。

ただ、髪は日々新しく伸びているので、早い方では1ヶ月もしないうちに生え際の白髪が目立ち始めてしまいます。

しかし、生え際の白髪が目立ち始めるたびに全体染めをしていると、生え際以外の部分にダメージが蓄積し、枝毛や切れ毛、パサつきなどのトラブルの原因となります。

では、ダメージを抑えながらきれいなヘアスタイルを保つにはどうすればよいのでしょうか。

部分染めと全体染めを使い分けよう

白髪染めには、すべての髪を染める全体染めのほかに、部分染めという手法があります。

部分染めは別名『リタッチ』とも呼ばれており、気になる生え際部分だけを重点的に染めるため、前回染めた部分にあまり負担をかけずに染めることができます

そのため、全体染めを1回使用したら、2~3回はリタッチを行い、その後また全体染めを使用するというサイクルが理想的です。

ちなみに、部分染めだけを使用し続けると、毛先が退色してきて色ムラになってしまうので、部分染めだけの連続使用も避けた方が良いでしょう。

部分染めの方法

まず、気になる生え際部分のみに染料を塗布したら、取扱い説明書に記載されているぶんだけ放置します。

その後、コームや粗めのクシなどで、生え際部分に塗った染料を毛先まで均一に伸ばします

伸ばし終えたら、放置時間は取らず、そのままシャンプーで染料を洗い流します。

前回塗った部分には染料をさっと伸ばすだけで放置しないので、負担がほとんどかからないところがポイントです。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染めトリートメントの口コミランキング All Rights Reserved.